上野クリニック モデル

上野クリニックのCM広告のモデルが気になる!

上野クリニックのCM広告のモデルが気になる!

 

上野クリニックという名前をなんとなく知っている人も多いでしょうが、包茎手術の広告コマーシャルを見たのがきっかけではありませんか?タートルネックを着た男性モデルがダンスをするというシュールなCM広告で結構インパクトがあります。インターネットを中心に、上野クリニックの男性モデルは誰だというのがけっこう話題になっています。

 

上野クリニックのCM広告のモデルが気になる!
広告コマーシャルでは、3人のモデルが登場するのですがけっこうみんなイケメンです。また男性モデルの中の一人が、俳優の千葉雄大に似ているということでも話題になっているみたいです。ちなみに千葉雄大に似ているというモデルですが、根橋健さんという俳優です。「@W」という新人俳優ユニットがあるのですが、そのメンバーです。

 

上野クリニックのテレビ広告のパロディ

上野クリニックのCM広告のモデルが気になる!

 

また日曜夜にかつて「ヨルタモリ」という番組をやっていて、上野クリニックはそのスポンサーになっていました。その関係で上野クリニックの広告コマーシャルのパロディが番組で流されて、タモリがそのモデルを演じていました。かなりインパクトがあったようで、SNSでもけっこう話題として取り上げられていました。ちなみに湯島が舞台の番組だったので、「東京湯島クリニック」の宣伝広告ということで放映されました。動画サイトなどにアップされているかもしれないので、気になる人はチェックしてみませんか?



上野クリニック

3万円からの包茎手術

関連ページ

上野クリニックの包茎手術の人気のわけ
包茎を治療するにあたって最も効果的な方法と言われているのが包茎手術です。仮性包茎や真性包茎、カントン包茎などいろいろな症状に対処できます。
上野クリニックの包茎手術はどんな感じ?
包茎手術を行うにあたり、包茎が治るのはもちろんのこと、手術跡のほとんど目立たない美しい仕上がりにしてほしいといった要望はしばしば耳にします。
上野クリニックで包茎手術・痛みはないの?
包茎手術というと、自分のペニスにメスを入れる外科手術になります。このように言われるだけでも、いかにも痛そうというイメージがあるかもしれません。
上野クリニックのカウンセリング当日の流れは?
上野クリニックで包茎手術を希望するのであれば、まずはカウンセリング予約をする必要があります。
上野クリニックで包茎手術・抜糸している時間がない…
包茎手術の一般的な流れですが、まず手術を行います。ただしこれで完了ではなく、抜糸を手術から一定期間経過したところで行わないといけません。
上野クリニックで包茎手術・傷跡が残る心配は?
包茎手術の失敗例がインターネットで画像付きで紹介されることがあります。その中でも傷跡がはっきりと残ってしまったような事例がしばしば紹介されています。
上野クリニックの包茎手術式は何?
包茎手術の術式ですが、いろいろな方法があります。初回のカウンセリングの時に、術式に関する説明があるでしょう。
上野クリニックで包茎手術・傷跡はどう?
包茎手術を受けることで、どのような包茎のタイプでも治療ができると知っていても一歩踏み出せないという人もいるでしょう。
包茎手術で有名な上野クリニックは広告もインパクトあり
包茎手術を専門で行っているクリニックはいくつかありますが、その中でも有名どころの中の一つに上野クリニックがあります。
上野クリニックで包茎手術・日帰りは可能?
包茎は男性にとって、深刻なコンプレックスになるかもしれません。包茎だと仲間と一緒に温泉に入ることもできませんし、女性とお付き合いすることもできなくなる恐れもあります。
包茎の相談から・上野クリニックは電話で対応してくれる
自分が包茎で悩んでいる人も多いでしょうが、包茎のことについてコンプレックスを抱いていても実はあまり詳しいことはわからないというケースは案外少なくないです。
トップクラスの実績!包茎手術は上野クリニック
包茎手術に限らず、外科手術を受ける医療機関を選ぶにあたって重要なのは、どの程度の実績があるかです。
仮性包茎治療に上野クリニックがおすすめな理由
仮性包茎の治療として、自力で治す方法もあるかもしれません。しかしどのような仮性包茎の方でも自分で治せる保証はないですし、治療できたとしてもかなりの期間が必要です。
真性包茎の手術は上野クリニックがおすすめな理由
包茎の中でも、勃起していても包皮に亀頭がつつまれている、自分で皮を剥こうとしても痛くて剥けないというのであれば、真性包茎の可能性があります。
上野クリニックの無料カウンセリングを受けてみよう
包茎クリニックで包茎手術を受けてみたいと思っている人もいるでしょう。しかしその一方で手術となるとどうしても一歩踏み込めないという人もいるはずです。